点検中の作業員

使いやすい離型剤の特徴や効果を把握しておこう

作業服の男性

ゴムやシリコン、あるいはプラスチックを使った様々な製品の形づくりの際に必要不可欠な離型剤ですが、製品によって効果の程も違いますし、各々異なる特徴を備えています。現場で使い易く、生産性を向上させるために役だつ離型剤を選択するためには、主成分ごとに離型剤の効果や特徴を把握しておくと便利かもしれません。
例えば、フッ素コーティング剤が主成分の離型剤は、幅広い製造業関連の会社で人気の製品です。主成分の名称から、この離型剤はフッ素系離型剤と呼ばれていますが、肝心の離型効果については、非常に高いということで定評があります。
また、顕著な特徴として、メヤニ生成を抑制できることや、ワックス系離型剤に見られるような成形物への転移について心配しなくていいことが挙げられます。離型剤自体が成形物に付着したりメヤニが出来たりすると、こういったものを成形物から取りのぞく手間がかかり、その分、成型作業の生産性がダウンしてしまいます。
また、壊れやすい形状の製品を作っている場合は、離型剤の洗浄やメヤニ除去のプロセスで成形物を破損しないとも限りません。こうした問題のないフッ素系離型剤は、生産性という観点から大きなメリットを備えていると言えるでしょう。

刷毛などで現場で簡単に塗布できる離型剤で作業効率をアップさせよう

ハンドル

成型作業の途中で離型剤の効果が劣化して、金型と成形物を綺麗に分離しにくくなってきたら、成型作業をいったん中止して、離型剤を補充する必要があります。この際、いちいち専門業者に外注して、金型を離型剤で再コーティングしてもらわなければならないとしたら、その日の生産ノルマをこなすことなど到底無理でしょう。しかし、フッ素コ…

離型剤を効率的に利用して生産性の高い製造現場を作る

積まれたパイプ

あらゆるモノづくり現場において金型を利用した成型加工技術は今も多く存在しています。食品関係からゴムやプラスチック、金属など様々な分野で金型は利用されていますが、それぞれに難点は存在します。その中で共通事項として、金型からの離型技術はどの分野でも慎重かつ迅速に行う必要があることから、多くの技術が開発及び運用されてい…

TOP