点検中の作業員

刷毛などで現場で簡単に塗布できる離型剤で作業効率をアップさせよう

ハンドル

成型作業の途中で離型剤の効果が劣化して、金型と成形物を綺麗に分離しにくくなってきたら、成型作業をいったん中止して、離型剤を補充する必要があります。この際、いちいち専門業者に外注して、金型を離型剤で再コーティングしてもらわなければならないとしたら、その日の生産ノルマをこなすことなど到底無理でしょう。しかし、フッ素コーティングの原理を活用したフッ素系離型剤であれば、現場で簡単に塗布できる製品があるので、こうした心配は無用です。現場で簡単に追加塗布できるだけではなく、塗布した離型剤がスピーディに乾燥することも、フッ素系離型剤の大きなメリットです。
現場に優しい離型剤という意味では、フッ素系離型剤には、他の便利な特長もあります。メヤニが生じにくいこともその一つです。成形物に付着したメヤニは、製品完成前に取り除かなければならず、この作業が追加で必要になると、その分成形作業に使う時間が削られてしまいます。メヤニが最初から出来にくいフッ素系離型剤を使えば、より多くの時間を成形作業そのものに割り当てることができます。
メヤニ問題なしでどんどん成形作業を進め、綺麗な離型が出来なくなってきたら、刷毛などで追加塗布して、すぐに作業を再開できる。フッ素系離型剤は、このように、現場で極めて使いやすい製品です。

刷毛などで現場で簡単に塗布できる離型剤で作業効率をアップさせよう

ハンドル

成型作業の途中で離型剤の効果が劣化して、金型と成形物を綺麗に分離しにくくなってきたら、成型作業をいったん中止して、離型剤を補充する必要があります。この際、いちいち専門業者に外注して、金型を離型剤で再コーティングしてもらわなければならないとしたら、その日の生産ノルマをこなすことなど到底無理でしょう。しかし、フッ素コ…

離型剤を効率的に利用して生産性の高い製造現場を作る

積まれたパイプ

あらゆるモノづくり現場において金型を利用した成型加工技術は今も多く存在しています。食品関係からゴムやプラスチック、金属など様々な分野で金型は利用されていますが、それぞれに難点は存在します。その中で共通事項として、金型からの離型技術はどの分野でも慎重かつ迅速に行う必要があることから、多くの技術が開発及び運用されてい…

TOP