点検中の作業員

離型剤を効率的に利用して生産性の高い製造現場を作る

積まれたパイプ

あらゆるモノづくり現場において金型を利用した成型加工技術は今も多く存在しています。食品関係からゴムやプラスチック、金属など様々な分野で金型は利用されていますが、それぞれに難点は存在します。その中で共通事項として、金型からの離型技術はどの分野でも慎重かつ迅速に行う必要があることから、多くの技術が開発及び運用されています。
先ず、金型技術を行う時に必ずメヤニと呼ばれる不純物(滞留物とも呼びます)が発生します。このメヤニは以降の工程には不要なため、除去する必要があります。また、特に食品関係に多くありますが、人体に含まれる物においてメヤニは勿論、金型クズの混入など絶対に許されません。
最終的に出荷検査として厳しい検査はクリアしますが、検査の度に混入されているようではとても生産性が上がりません。生産性の都合上、その工程で起きる問題はそこで解決することがセオリーとなるので、今回の場合は金型加工のところでほぼ確実に不純物を取り除くことが求められます。
そこで重宝される物が離型剤と呼ばれる物です。本品は成型物を金型から確実に剥がすことができる物で、様々な製造現場で導入されています。最近では、フッ素コーティングを含んだ物もラインナップされ、大変人気を博しています。

刷毛などで現場で簡単に塗布できる離型剤で作業効率をアップさせよう

ハンドル

成型作業の途中で離型剤の効果が劣化して、金型と成形物を綺麗に分離しにくくなってきたら、成型作業をいったん中止して、離型剤を補充する必要があります。この際、いちいち専門業者に外注して、金型を離型剤で再コーティングしてもらわなければならないとしたら、その日の生産ノルマをこなすことなど到底無理でしょう。しかし、フッ素コ…

離型剤を効率的に利用して生産性の高い製造現場を作る

積まれたパイプ

あらゆるモノづくり現場において金型を利用した成型加工技術は今も多く存在しています。食品関係からゴムやプラスチック、金属など様々な分野で金型は利用されていますが、それぞれに難点は存在します。その中で共通事項として、金型からの離型技術はどの分野でも慎重かつ迅速に行う必要があることから、多くの技術が開発及び運用されてい…

TOP