点検中の作業員

細く尖ったものや薄型製品もフッ素系離型剤を使えば綺麗に成型可能

金属加工

細長い形のものは折れやすいですし、薄型の製品は割れやすいという難点があります。製品として仕上がったものでもそうですので、製造途中のものも、もちろんそうした特徴があります。従って、プラスチックなどを使ってこうした壊れやすい製品の成形を行うことは非常に難しく、まずは効果の高い離型剤を選ぶことが準備として絶対に必要と言えるでしょう。
フッ素コーティングの効果を離型という作業に上手く応用したフッ素系離型剤であれば、このような成形が難しいものも比較的容易に作ることが出来ます。まず、フッ素コーティングの非粘着性は、フッ素樹脂塗膜が極薄でも、満足のいくレベルの効果を発揮します。スリムな製品や細く尖った製品用の金型は、大量の離型剤を塗布できるわけではないため、薄膜で確実に効果を発揮するフッ素系離型剤は重宝します。
また、成形物の方に離型剤が移ってしまったり、メヤニという副産物が防止できることも、フッ素系離型剤を使う利点です。壊れやすい形状の製品が離型剤で汚れたりメヤニが防止できずに付着したりすると、それを除去する作業の過程で破損するリスクがあります。一番いいのは、最初から不要なものが成形物に付着することを防止することですので、成形物への転移、メヤニ発生の両方について心配無用のフッ素系離型剤は、理想的な製品と言っていいでしょう。

安全面とコスト面で優れているメヤニが防止可能な離型剤

こげつかない調理器具ですっかり有名になったフッ素コーティングですが、離型剤としてもその効果が活用されています。フッ素コーティング剤を有効成分として使った離型剤を、特にフッ素系離型剤と呼んでいますが、コスパのよさや安全性の高さゆえに、成型作業の現場から高い支持を得ている人気商品となっています。
まず、安全性の高さというのは、現場で使える離型剤製品として、引火性がないものが販売されています。引火性がある離型剤を作業現場に一定の量以上保持することになると、常に出火する恐れがある場所で仕事をすることになり大変危険です。更に、出火しないよう、あるいは出火した際に適切な対応を迅速に取れるよう、関連法規に則って体制整備する義務が生じ、そのための多大なコストも負担しなければなりません。これをしなくて済む引火性のないフッ素系離型剤は、この点だけを見てもコスパがいい製品と言えます。
コスパに関しては、メヤニが割合防止しやすいことや、薄膜でも十分効果があることも利点としてカウント出来ます。メヤニが防止できれば、メヤニ除去のための時間を作業時間に含めずに済むので、その分数多く製品作りが出来ます。また、塗布量が少なくても防止効果が出るなら、購入する離型剤の量が少なくても、数多くの製品を成型できることになるでしょう。

最適な離型剤選択のためフッ素コート剤専門メーカーから購入しよう

最適な離型剤というのは、自社で扱う製品の形や生産量など、様々なファクターで変わってきます。離型剤にも色々な製品がありますが、中でも、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤は、ゴム製品等の製造業者の間では様々なリスクを防止できるということで人気が高い有名な製品です。
これから新規でゴムやプラスチック製品の製造を行う予定なら、まずはポピュラーな製品であるフッ素系離型剤について、詳細を把握するのがおすすめです。そのためには、フッ素コート剤専門メーカーに相談の上、自社製品に最適と思われるものがあれば、そこで購入するのが一番効率的でしょう。
フッ素系離型剤の人気が高いのには、いくつかの明確な理由があります。例えば、不燃性溶剤を使った製品があり、現場作業を安心して行えることもその一つです。また、作業途中でメヤニという副産物が出にくく、成形物を金型から分離した後に、メヤニ除去の手間を考えなくて済みます。こういったメヤニ防止効果があると、現場にとっては楽で助かります。
メヤニ除去作業がないということは、楽なだけではなく、作業時間をより有効活用できるということでもあります。日々、大量の製品を作らなければならないプレッシャーがある現場としては、余計な作業が必要ないのは、大変有難いことでしょう。作業の効率化を図るためにも、メヤニ防止効果の高い離型剤を導入することを検討してみましょう。

刷毛などで現場で簡単に塗布できる離型剤で作業効率をアップさせよう

ハンドル

成型作業の途中で離型剤の効果が劣化して、金型と成形物を綺麗に分離しにくくなってきたら、成型作業をいったん中止して、離型剤を補充する必要があります。この際、いちいち専門業者に外注して、金型を離型剤で再コーティングしてもらわなければならないとしたら、その日の生産ノルマをこなすことなど到底無理でしょう。しかし、フッ素コ…

離型剤を効率的に利用して生産性の高い製造現場を作る

積まれたパイプ

あらゆるモノづくり現場において金型を利用した成型加工技術は今も多く存在しています。食品関係からゴムやプラスチック、金属など様々な分野で金型は利用されていますが、それぞれに難点は存在します。その中で共通事項として、金型からの離型技術はどの分野でも慎重かつ迅速に行う必要があることから、多くの技術が開発及び運用されてい…

TOP